相続相談

相続問題(遺言・遺産分割)で弁護士に相談するまえに

相続に関するあらゆる問題を分かり易くまとめています

ある程度の公平感を感じられるように

親を最後まで世話したの私なのに、、、
親の介護を一番したのは私。それを考慮した相続にしてもらわないと、、、

相続トラブルが起きる時には大抵このような子どもたちの感情が関係してきます。
つまり、生前にどれだけ親の世話に関わったかが全く遺産分割に反映されておらず不公平感を感じるのです。

あるいは、逆に親の介護は介護、相続はまた別、と考える人もいますからそこには当然トラブルが発生するわけです。
つまり何をもって公平、不公平と言うかはそれぞれの立場によって異なってくるということですね。

ですから相続において100%の公平を目指す、というのは極めて難しいということです。
それよりもむしろ全員がある程度の公平感を感じることのできるラインを目指すほうが現実的です。

そのためには事前に良い準備をすることが必要です。
そして良い準備をするためには専門家の助けが必要です。

それで、まずは良い準備をするために弁護士に相談することから始めてください。
何から始めたらよいか、弁護士は的確なアドバイスをしてくれます。

遺産相続用語

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行