相続相談

相続問題(遺言・遺産分割)で弁護士に相談するまえに

相続に関するあらゆる問題を分かり易くまとめています

そもそも相続とはどういうことか?

相続とは、通常は人が死亡した時に、その人の財産を他の人が受け継ぐことです。尚、“受け継ぐ”ことを一般に“承継する”と言います。
この時、財産を受け継がれる人、財産を相続される人を“被相続人”と言い、被相続人の財産を受け継ぐ人、被相続人の財産を相続する人を“相続人”と言います。
更に、受け継がれる財産を“相続財産”と言い、その中で特に被相続人が故人の場合(死亡した人の財産を受け継ぐ場合)には“遺産”とも呼ばれます。

このような意味を持つ相続は、次のような要素から成り立っています。
1. 相続はいつ行なわれるのか(いつ相続するのか、相続はいつ成立するのか) ※生前相続という形もあります。
2. 受け継がれる“財産”とは何か(相続財産とは何か:何が相続出来て、何が相続出来ないのか)
3. 受け継ぐ“他の人”とは誰か(相続人とは誰か:誰が相続出来て、誰が相続出来ないのか)
これらの要素は、地域により、時代により、社会のあり方により様々で、その組み合わせによって相続は多種多様な形態を採ることになります。

遺産相続用語

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行