相続相談

相続問題(遺言・遺産分割)で弁護士に相談するまえに

相続に関するあらゆる問題を分かり易くまとめています

どんなに仲良しな兄弟でも起こり得ること、遺産相続問題

子どものころから仲が良くけんかした記憶がない、そんな仲の良い兄弟関係は本当に理想的です。

でも、そんな理想的な兄弟関係の二人を壊してしまう可能性を秘めているのが、遺産相続のトラブルです。

子どものころから何でも仲良く分け合ってきたうちの子どもに限って、遺産相続でもめるはずがない、親もそう思っているかもしれません。

しかし、何の準備もなく突然に迎える遺産相続は注意しなければなりません。

そもそも、法律では遺産相続はどうなっているのでしょうか。

法律によれば、例えば父親が亡くなり、母親が存命の場合には遺産の半分は母親が受け取ります。

残りの半分を子どもが半分ずつ均等に相続することになります。遺言書がある場合にはそれに従います。

そう考えると非常にシンプルで、トラブルなど起きそうにも思えませんが、しかし大抵の場合、遺産はきれいに半分に分けるのは難しいものです。

特に主な遺産が持ち家や土地の場合は難しいでしょう。

そこで力を借りたいのが弁護士です。
弁護士は法律の知識を生かしてトラブルを避けることができるよう助けてくれるでしょう。

遺産相続用語

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行