相続相談

相続問題(遺言・遺産分割)で弁護士に相談するまえに

相続に関するあらゆる問題を分かり易くまとめています

どんな特別受益を得たかは重要

遺産相続のトラブルを回避するためには前もっての準備が欠かせません。

可能であるなら、子ども同士、つまり相続人同士が集まってきちんと包み隠さず話し合うことが重要です。
日本人の傾向として何となくその場の空気を察して物事を決めようとする傾向を持っていますが、相続に関してはそれは逆にトラブルのもととなります。

子ども同士が集まった時にきちんと話し合っておきたいことの一つが特別受益と寄与分です。
特別受益とは相続人が被相続人より生前に何らかの特別な贈与を受けた分を言います。
贈与というと何かかたいイメージですが、要するに自家用車の購入や自宅の購入資金を特別に援助してもらった、というようなことを特別受益と言います。

子どもによっては他の子どもよりもこうした特別受益をたくさん受けている人がいます。
その人が他の相続人と同じ相続を受けるとしたら、当然ですが非常に不公平になるわけです。

ですから、前もって話し合う際に自分が受けた特別受益について話し合うことは重要です。
後から分かるとかえって大きなトラブルにつながりかねません。
こうした点を踏まえてきちんと話し合うには法律の専門家である弁護士の助けが欠かせませんので、まずは無料相談を活用してみてください。

遺産相続用語

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行