相続相談

相続問題(遺言・遺産分割)で弁護士に相談するまえに

相続に関するあらゆる問題を分かり易くまとめています

ペットに財産を残す事は出来るの?

海外ではよく聞く話で莫大な遺産を相続した犬などもよく話題になります。
それでは日本ではどうなのでしょうか。最近、結婚しない人が増えています。
未婚年齢も高くなりつつある現在では生涯独身かも、と思っている人も少なくないでしょう。
親はすでに亡くなり、子供もいないとなると相棒は犬のポチだけ・・。
どうせなら、ワンちゃんに財産を残してあげたい。そう思う人がいても不思議ではありません。
しかし、そういうことができるのでしょうか。
答えは、残念ながらペットに財産を相続させることはできないのです。
日本の法律では、財産を相続できるのは人または法人のみとされています。
また、ペット(動物)は「物」として扱われているのです。
それではどうしようもないのかというと、ちょっとした裏ワザがあって、「財産を残す代わりにペットの世話を頼む」という一文を遺言書に書き留めておけば大丈夫なのです。
財産を残すのとは少し違いますが、後に残されたペットのために何かをしたいという思いは満たされますね。

遺産相続用語

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行