相続相談

相続問題(遺言・遺産分割)で弁護士に相談するまえに

相続に関するあらゆる問題を分かり易くまとめています

不動産を巡った相続問題が最も多い

相続問題と一口にいっても、様々なトラブルが考えられますが、最も多いと言えば、やはり土地や建物などのように、現金と違って分けにくい財産が含まれている時です。

○遺産に不動産が含まれていると相続問題になりやすい理由
・相続人の誰か一人でも反対なら名義が変えられない
・土地の分け方がわからない
・不動産を売りたい相続人もいれば、そこの住みたがる相続人もいて意見が割れる
・容易に分割できない
・土地の価値をどうやってはかればいいかわからない

財産が現金のみであれば数字なので割りやすく、トラブルも回避しやすいのですが、不動産となると土地の評価も難しく、数字ではないのでどのようにして配分を考えればいいのかわかりません。面倒なことが多く、相続人同士で意見も衝突するので相続問題へと発展しやすいです。

○土地の分割法
土地は確かに相続人同士でわけにくいですが、いくつか方法はあるのです。
・みんなで共有しちゃえ!→共有分割
・土地を売ってお金に換えよう→換価分割
・家を相続した相続人が他の相続人に金銭を払う→代償分割、

どれも損得バランスがとれていて、公平になるように考えられた分割法です。
しかしやはり被相続人が生前に誰にどのくらい不動産を分け与えるかなど記した遺言を残しておくのがベターです。遺言が残っていないと相続問題になりやすいのです。

遺産相続用語

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行