相続相談

相続問題(遺言・遺産分割)で弁護士に相談するまえに

相続に関するあらゆる問題を分かり易くまとめています

介護をした相続人とそうでない相続人

遺産相続に関連したトラブルのもととなる原因の一つに親の介護問題があります。
当然のことですが、親の介護は決して簡単なことではありません。
多くの時間とエネルギーが介護には費やされます。
兄弟たちがみんなで分担して介護を行なっていればまだ良いのですが、誰か一人がメインで介護を行なっていた場合、問題は複雑になります。

親が生きている間にも、他の兄弟たちに対して不満がたまっていた場合などは特にそうではないでしょうか。
当然のこととして、親が亡くなった後にはその介護に対して相応の対価を期待することでしょう。
実際、民法の中には親のために特別に多くの貢献をした相続人がいた場合、相続分についても特別な考慮をされるという考えがあります。

しかし、そうではあっても他の相続人がそれを認めるかどうかでトラブルになることがあります。
それで、そうしたトラブルを避けるためにも早い段階で弁護士に相談しておくのは大切です。
弁護士はこれまで多くのケースを見てきています。実際的な対処方法を教えてくれることでしょう。
まずは相談することから始めましょう。

遺産相続用語

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行