相続相談

相続問題(遺言・遺産分割)で弁護士に相談するまえに

相続に関するあらゆる問題を分かり易くまとめています

代襲相続とは

被相続人が亡くなって相続が開始される時点で、相続人が既に亡くなっている場合、または、相続欠格或いは相続廃除によって既に相続人の資格を剥奪されている場合に、相続人の子が相続人に代わって相続する、という制度を“代襲相続”と言います。
この制度は、民法第887条、第889条、第901条によって規定されている制度です。
そして、相続開始以前の死亡、相続欠格、相続廃除の三つを“代襲原因”と言い、これら三つ以外の場合には代襲相続は生じません。
相続人になる筈だった者を“被代襲者”、代襲相続によって相続人になる者を“代襲者”または“代襲相続人”と言います。

現代日本のこの制度において、被代襲者になり得るのは、被相続人の子(相続順位第1位)または兄弟姉妹(相続順位第3位)のみです。相続順位第2位の被相続人の最近親の直系尊属、つまり父母は、被代襲者になり得ません。なぜなら、被相続人の父母の子は、被相続人本人か、父母に次ぐ相続順位である被相続人の兄弟姉妹だからです。
また、相続人になる筈だった者が相続放棄をした場合にも、代襲相続は認められません。
胎児が代襲者の立場になる場合には、民法第886条第1項「胎児は、相続については、既に生まれたものとみなす。」に基づいて、代襲相続が認められます。

被相続人の子に代襲原因が生じた場合には、その子、つまり被相続人の孫が代襲相続人になります。孫にも代襲原因が生じた場合には、その子、つまり被相続人の曾孫が代襲相続人になります。曾孫以下の直系卑属についても同じ扱いが続き、無制限に代襲相続が認められます。これを再代襲相続と言います。
相続人が被相続人の兄弟姉妹である場合は、代襲相続は1代のみ、つまり、代襲者は甥姪までで、再代襲相続は認められません。

遺産相続用語

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行