相続相談

相続問題(遺言・遺産分割)で弁護士に相談するまえに

相続に関するあらゆる問題を分かり易くまとめています

借金の相続放棄は早めにしよう、弁護士に相談がオススメ

親の借金は相続すると返済をしていかなければいけなくなります。
返済可能としているのなら相続するのも良いのですが、返済が不可能としているのなら相続放棄するのがオススメです。
もし借金があり相続放棄をするのなら、出来るだけ早めにしましょう。

借金を相続するのかどうかはいつまでも待ってくれるわけではありません。
相続放棄は、相続が開始されてそれを知ってからか、もしくは自分が相続人になったと知った時から3ヶ月以内としています。
借金が合った場合、貸付をしている金融機関から相続すると請求しますよという内容の通知がきます。

これがきたとなると相手も知ったことになりますので、そこから3ヶ月以内に相続放棄をしなければいけません。
相続放棄をしないで放置をしてしまうと、自然と相続しますという意思表示と思われてしまい、借金の返済を求められるようになります。
お金や土地などの財産があるのならまだ良いけれども、借金だけが残るのはその人にとってマイナスにしかなりませんので、出来る限り相続放棄をして自分を苦しめないようにしましょう。

遺産相続というと、プラスの財産を考えがちですが、マイナスの遺産も相続することになります。
このへんのことは、法律に関することなので、弁護士に相談しもっとも良い遺産相続の方法を検討することが必要になります
相続問題に関しては、遺産相続を専門に扱っている弁護士に相談するのが良いでしょう

遺産相続用語

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行