相続相談

相続問題(遺言・遺産分割)で弁護士に相談するまえに

相続に関するあらゆる問題を分かり易くまとめています

単純承認とは

相続人は被相続人から財産を受け取ることができますが、当然財産を相続すると決めることもできれば拒否することもできます。
相続することを決めた場合、法律的には相続の承認をしたとみなされます。
この相続の承認の一つの方法が単純承認・法定単純承認というものです。

単純承認とは何の条件も付けずに相続の承認をするということです。
単純承認には特別な手続きはなく、相続を知った時から三ヶ月間経過すれば自然と承認したとみなされます。
ここで注意が必要なのが、単純承認した場合相続人は被相続人の権利義務をすべて無限に継承するという点です。
もし被相続人がたくさんの財産を持っていればよいのですが、たくさんの負債を抱えていた場合にはその負債についても相続しなければなりません。
当然相続した負の遺産については相続人に相続分の返済の義務が生じます。
ですからどのくらいの相続財産があるのか、負債はどのくらいあるのかといった点を確認してから単純承認すべきです。
もし財産や負債がたくさんあって複雑な場合には、熟慮期間の伸長を申請できます。

一方で負債が相続財産の価値を超えない範囲で相続することを限定承認といいます。
この方法であれば多くの負債があっても返済に困るということはありません。
しかし特定の条件の下では単純承認したとみなされて、限定承認も相続放棄もできなくなることがあります。
これを法定単純承認と呼びます。

その条件の一つ目が被相続人の相続財産を何らかの形で処分した場合です。
この処分には売買、贈与、譲渡、損壊、破壊などが含まれます。
相続財産を相続放棄もしくは限定承認する前に処分すると法定単純承認となります。
ただしこれは相続財産に限られ、生命保険や死亡退職金などは対象外です。
条件の二つ目は背信行為です。
ここでいう背信行為とは相続人の権利を害する目的で相続財産を隠したり、財産目録に故意に記載しなかったりした場合には法定単純承認したということになります。
ただし過失で書き忘れてしまったというような場合はこの限りではありません。
さらに背信行為の場合には限定承認や相続放棄をした後でもそれは取り消され、単純承認したとみなされます。

単純承認は特別な手続きが必要ないので、知らないうちに負債を抱えてしまったということもあります。
必ず相続が始まったことが分かったなら、財産目録などをチェックして単純承認で良いのかどうかをよく考えるようにしましょう。

遺産相続用語

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行