相続相談

相続問題(遺言・遺産分割)で弁護士に相談するまえに

相続に関するあらゆる問題を分かり易くまとめています

家くらいしか残せるものはないから、という場合でも

うちが子どもたちに残せるのはこの家くらいなものだから、、、。
そんな風に考えて相続に関して特に何も決めずに過ごされている方、多いと思います。

しかし、実はこうしたケースこそ相続トラブルに発展する大きな可能性を秘めています。
単純に考えてみると分かると思いますが、子どもたちに残した主な遺産が実家1軒だけだった場合、子どもが何人かいる場合、それを均等に分けることは極めて難しい問題となります。

もちろん、長子が親と同居していてそのままそれを受け継ぐことが決まっているような場合は別ですが、そうではない場合、子どもたちの間で不公平にならないように相続するのは簡単ではありません。

そこで、法律の専門家の力が必要となるのです。
弁護士はこうした相続財産の分割が難しいケースも多く取り扱っています。
ですから、具体的にどのような解決策があるのかをともに考えてくれるでしょう。
まずは、多くの法律事務所が行っている無料相談を活用することから始めてみるのはどうでしょうか。

遺産相続用語

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行