相続相談

相続問題(遺言・遺産分割)で弁護士に相談するまえに

相続に関するあらゆる問題を分かり易くまとめています

寄与分を主張するためには

どれほど被相続人、つまり親のために貢献してきても、法律上は相続する遺産の分割は相続人みんなに平等となります。

もちろん、これは法律の形式的な平等の考え方であって、実際には相続人にとっては不公平感を感じることが多々あるものです。
最初に述べたように被相続人のために貢献してきた人にとっては、その点が遺産分割の際に一切考慮されないとしたらそれは非常に不公平なものと感じるでしょう。

そこで、相続人が被相続人に貢献した分を相続する割合に反映させるための方法が寄与分の主張です。
寄与分とは相続人が被相続人の生前に被相続人の財産を増やすことや維持に大きく貢献した場合、その分を相続の分割に反映させるという考え方です。

例えば、親の事業に資金を提供した、親の入院中の付き添いや介護のために相続人が仕事をやめて助けた、といったケースが考えられます。

ただ、こうした寄与分の主張は裁判所にしなければなりません。
ですから当然、法律のプロである弁護士に相談することがスムーズに進めるうえで最も得策です。
まずは無料相談を利用して相談してみることから始めてみてください。

遺産相続用語

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行