相続相談

相続問題(遺言・遺産分割)で弁護士に相談するまえに

相続に関するあらゆる問題を分かり易くまとめています

尊属・卑属

相続が発生すると必ず耳にする言葉が「尊属」と「卑属」というものです。
被相続人との関係を意味している言葉ですが、相続の際には非常に重要なものです。
しっかりと意味を知って、混乱しないようにしましょう。

卑属や尊属という言葉を知るためには、まず親族の中の血族と姻族という言葉を知らなければなりません。
血族とは名前の通り自分と血がつながっている親族のことです。
一方で姻族とは自分の配偶者の血族のことを意味します。
例えば自分の父母は血族ですが、妻の父母は姻族ということになります。
ただし養子縁組をしている場合には文字通りの血のつながりがなくても血族となる可能性があります。
もちろん逆に血がつながっていても、血族として認められないケースもあります。

そしてこの血族の中に尊属と卑属という分類があるのです。
尊属とは被相続人よりも前の世代のことを指します。
例えば父母、祖父母、おじやおばなどが尊属に当たります。
さらに尊属の中にも直系と傍系とがあります。
直系尊属とは一方が他方の子孫にあたる関係で、父母・祖父母・曾祖父母などです。
一方で傍系尊属とは祖先は同じでも途中で枝分かれした尊属のことで、おじやおばなどです。
直系尊属は被相続人の配偶者・直系卑属に次ぐ第二優先順位の相続人となります。

一方で第一優先順位となる直系卑属とは何でしょうか。
卑属とは被相続人よりも下の世代の血族のことです。
被相続人の子、孫、甥や姪などが卑属となります。
この卑属の中で直系卑属は第一優先順位の相続人となります。
一方で直系ではない傍系卑属は基本的に遺言書がなければ相続人となることはできません。

遺言書の有無にかかわらず、遺産分割を行う際には被相続人の家系図を作成することになります。
その時には血族、姻族、尊属、卑属や直系、傍系などが複雑に入り組んだものとなります。
一般的に法律の知識がない人は作るのが困難でしょう。
もし戸籍などを調べて相続人がたくさんいることが分かったなら、弁護士や司法書士などの法律の専門家に相談してみるとよいでしょう。
弁護士や司法書士の中には相続を専門に扱っている人も大勢いるので、家系図などを含めいろいろなアドバイスをしてくれるはずです。

もし遺言書を作成するとしても、自分の血族にどんな関係の人がいるのかをしっかりと把握しておくことが必要です。
自分の死後に親族間でトラブルが起こることのないよう、細心の注意を払って遺言書を作成するようにしましょう。

遺産相続用語

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行