相続相談

相続問題(遺言・遺産分割)で弁護士に相談するまえに

相続に関するあらゆる問題を分かり易くまとめています

弁護士は先を見据えたアドバイスをします

遺産相続に関するトラブルはなぜ弁護士事務所に相談するとよいのでしょうか。
まず、相続トラブルは非常に複雑であるということを忘れてはいけません。

このトラブルには多くの人の思惑が絡んでいます。
同時にこのトラブルを解決するうえで法律の知識は欠かせません。
交渉や法的な手続きが必要になります。
こうしたことを普通の人がすべて行うことは無理でしょう。多大なストレスもかかります。

それで、弁護士に相談することをお勧めするのです。
弁護士は相続に関するトラブルが起きた時、目の前にある問題を解決することだけを考えません。
トラブルが解決せずに、家庭裁判所での調停、審判に至るまで、つまり裁判で争われることまで予測してアドバイスをします。
恐らく、普通の人はまさか裁判まではいかないだろうと最初は考えるでしょう。
弁護士はその場をまるく収めるためだけの対応策ではなく、先の先まで考えた対応策を考えることができます。
だからこそ、弁護士事務所への相談をなるべく早い段階でしてください。

遺産相続用語

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行