相続相談

相続問題(遺言・遺産分割)で弁護士に相談するまえに

相続に関するあらゆる問題を分かり易くまとめています

指定相続分と法定相続分

相続財産全体に対する各相続人の取り分の割合を“相続分”と言います。
相続分は、被相続人が遺言によって指定していればその指定に従います。被相続人が遺言で、相続分の決定を第三者に委託することも出来ます。遺言以外の方法で相続分の指定や指定の委託を行なうことは出来ません。遺言による相続分の指定や指定の委託が無ければ、民法第900条の定める割合によって決定されます。
遺言による指定割合は“指定相続分”と言い、民法第902条で認められています。一方、民法第900条に定められている法定割合は、“法定相続分”と言います。

法定相続分は、次の通りです。
1. 相続人が被相続人の配偶者と子である場合
配偶者の相続分と子の相続分は、それぞれ二分の一ずつ。
2. 相続人が被相続人の配偶者と直系尊属である場合
配偶者の相続分は三分の二、直系尊属の相続分は三分の一。
3. 相続人が被相続人の配偶者と兄弟姉妹である場合
配偶者の相続分は四分の三、兄弟姉妹の相続分は四分の一。ただし、父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹の相続分は、父母の双方を同じくする兄弟姉妹の相続分の二分の一。

尚、子(上記第1項の場合)、直系尊属(上記第2項の場合)、兄弟姉妹(上記第3項の場合)が数人居る場合には、各自の相続分は相等しいものとすることに定められています。
また、婚姻届を提出していない関係の配偶者には、遺言による以外、相続権が認められておらず、法定相続人としての資格が有りません。

遺産相続用語

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行