相続相談

相続問題(遺言・遺産分割)で弁護士に相談するまえに

相続に関するあらゆる問題を分かり易くまとめています

早めに相続税の対策をすることで、かなりの資産活用、節税効果あり!

相続税を抑えて、より有効な資産活用をする

資産活用というのは一部のお金持ちが行うこと、という考えはもう捨ててください。資産としての持ち家があれば、これからは相続税の対象者になる可能性はいくらでもあります。親のために自宅を維持してあげたくてもできない、あまりに高額なので相続税が払えず、代々相続してきた土地や家屋を手放すことになる、といった状況がよくあります。ただ、いまはむしろコンパクトな暮らしを好んでいる若い人も多いので、必ずしも土地、家屋などの財産相続などは望まない、遺産放棄などをして身軽に暮らしたい人もいます。それぞれの人の価値観や生活スタイルにあわせて、相続を考えましょう。また将来の資産運用、マネープランに、直系尊属の遺産を活かしていきましょう。

節税対策をいまから考えておけば大丈夫!

ただし相続税を怖がる必要など全くありません。いまは司法書士、弁護士、会計士など相続税のプロもいますし、自分でネットでリサーチしてもある程度の情報を集めることもできます。グローバル化した現代では、海外に住んでいる日本人も多くなっていますが、そうした人も相続のチャンスもあり、なおかつ納税の義務があるのは忘れてはいけない点です。あらかじめどれくらの資産、負債を相続しそうなのか、またその場合、相続税が払えるのか、家屋や土地、財産だけではなく事業なども相続する可能性があります。その場合はその後の人生をどうするのか、お金のシミュレーションしながら人生の選択をしていくことになります。節税対策、相続税対策は早めに勉強をしておいて間違いありません。

右肩上がりではない時代には自衛も必要

日本は世界のなかでも数少ない相続税がある国です。しかもその税率は最大で55パーセントにもなり、かなり高い税率が設定されています。しかも北欧のように手厚い社会保障があるわけではなく、これから人口の減少に拍車がかかってきます。少子高齢化になれば現役世代がお年寄りを支えるモデルが成り立たなくなります。そんな時代には、すこしでも財産を残す、そして相続税、所得税を含めた節税が必要です。政府や社会にお任せ、おんぶに抱っこで安泰だった時代は過去のものとなりました。自分でベストな節税、相続税対策を講じておくことは、自分の身を守るだけではなく、家族のことも守ることに他なりません。

遺産相続用語

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行