相続相談

相続問題(遺言・遺産分割)で弁護士に相談するまえに

相続に関するあらゆる問題を分かり易くまとめています

普段から税についてよく知っておけばお金をセーブできる!

確定申告などをして、節税に慣れておこう!

サラリーマンの人は、会社で年末調整などをしてくれるので、自分で確定申告をする必要がなく、普段どれくらい自分が税金を払っているのか、どのようにしたら節税ができるのか、あまりわかっていない人が多いようです。たとえば副業をもっていると、その副業にかかった費用を計上できたりします。また生命保険などを上手に活用したり、投資活動をして失敗したとしてもその損失を3年間にわたって繰り越し控除ができるなど、所得税を節税できたり、将来に備えることができ、相続人が非課税で手に入れられるお金が用意できたりなど盛りだくさんです。そのため、投資を行ったり、微々たる収入でも副業を始めたりして工夫し、払いすぎた所得税の還付で取り戻してください。

マネープランを相談できる専門家を探しておこう!

これからは自分で財産を増やしたり、また自分で稼げる手段をいくつかもつべき時代です。マネープランを相談できる専門家をみつけて、計画的にお金を運用したり積み立てたりしましょう。終身雇用制度も、年金もあてにならず、少子高齢化が進む日本では頼りになるのは自分のスキルだけです。なるべく多くの財産を子供やその孫に引き継ぐためには、相続税対策は早すぎることはありません。早めに贈与しておけば、孫の教育費は十分確保できますし、二世帯、三世帯住宅にして楽しく暮らすことも可能となります。

生命保険など相続に使えそうな金融商品を検討しよう!

生命保険の死亡保険金は、非課税にできる金額が大きいのでお得です。掛け金の全額を払っても、現金で残すよりも生命保険の非課税額として受け取れるようにすれば相続税の適用は受けないので節税となります。このようなアイディアは、経験豊富な司法書士や税理士などが詳しいでしょう。これらの専門家に相談するのでも、やはり相続問題に特化した人たちの方が信頼がおけます。弁護士もそれぞれの専門があるように、司法書士や税理士にもそれぞれの得意分野があるのです。相続税を専門にやっている人にアドバイスやサポートを頼んでみてください。まずはお金や法律の手続きのことは、よいアドバイザーを持つこと、そしてあとは実践あるのみで、自分でも投資したり、確定申告書類を作成したりすれば、すこしずつ詳しくなり、節約や節税について具体的に行動していくようになるはずです。

遺産相続用語

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行