相続相談

相続問題(遺言・遺産分割)で弁護士に相談するまえに

相続に関するあらゆる問題を分かり易くまとめています

未成年が相続人になっても相続してもらえるの?

法定相続人は年齢関係なく相続する権利を有するので、未成年であっても相続する権利があります。遺産分割協議では相続人全員が参加する事になりますが、未成年者もこの協議に参加する事ができます。

○未成年者が単独でできる行為は限定されている
未成年者は通常単独で法律行為をする事はできず、単独でできることは日用品の購入や処分など簡単なことに限定されています。しかし高額商品の契約をするとなると、未成年という事もありまだ判断能力が不十分なので、単独ではできません。悪質な業者にだまされて不適切な契約を結んでしまうリスクもあるので、未成年がたとえ単独で契約してしまったとしても、未成年者は保護されます。
要するに、未成年者が何か重要な契約をする時には単独ではできないという事です。もしもするなら「法定代理人」の同意が必要であり、法定代理人は通常保護者の方がなる場合が多いです。

○親権者と未成年者の間で利害関係!→特別代理人の出番
上記を踏まえてみると、相続人となった未成年者は、遺産分割に関して親権者に同意しなければ遺産の受領も処分もできないという事です。しかしもしも保護者の一方と子供が共に相続人になった場合、利害関係になってしまうので相続問題が生じることになります。
親権者である保護者が自分に有利になるよう相続してしまっては、未成年者が不利になってしまいます。このような状況では特別な配慮が必要なので、両者共公正な相続分になるよう、「特別代理人」を選定する事になります。

遺産相続用語

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行