相続相談

相続問題(遺言・遺産分割)で弁護士に相談するまえに

相続に関するあらゆる問題を分かり易くまとめています

相続で揉めないためにどうしたら良いのか

相続で揉めてしまうことはよくあることで、財産が多ければ多いほど裁判にまで発展するケースが増えてきてしまいます。
そこで残す側として知りたいのが、どうしたら相続で揉めないようになってくれるのかです。

相続で揉めないようにするための方法の一つとして、遺言があります。
遺言でどのように分配するのか決めることで揉め事を抑えられるようになります。
ただ、遺言は法律で通用するようにしていないと、もし万が一揉め事になった場合に通用しなくなります。

また、そもそも遺言の内容が明らかに揉めるような内容にしてしまうと揉めごと回避するどころか作ってしまいます。
揉めごとを回避や早期解決させるためにも、正しい書き方を知り、内容に注意して書くようにしましょう。

もう一つ揉めごと回避する方法になるのが、生前分与です。
死んでからではないと相続できないわけではなく、生きている時点でも財産を相続させられるようになります。
この場合、自分の意志でどのくらい分配するのかを決められるようになりますし、揉めごとも自ら対応できるようになりますのでオススメです。

どの方法も100%回避出来るわけではないけれども、回避できる可能性を高められる方法です。
相続する財産があるのなら、出来るだけ残す側が揉めごと回避できるようにしておきましょう。

遺産相続用語

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行