相続相談

相続問題(遺言・遺産分割)で弁護士に相談するまえに

相続に関するあらゆる問題を分かり易くまとめています

相続と遺言を執行することについて

相続の際に、遺言がある場合には、その遺言の内容に従って相続が執行されます。
それでは遺言の執行の際にはどのような点に注意する必要があるのでしょうか。

まず、遺言を執行するためには、家庭裁判所で検認という手続きをとる必要があります。
遺言書の保管者は相続の開始を知った後に遅滞なく、これを家庭裁判所に提出して検認を請求する必要があるのです。

遺言の保管者がいない場合には、相続人が遺言書を発見した場合に検認による手続きをとる必要があります。
公正証書遺言に関してについては、偽造などのおそれがないので、検認は不要であるとされています。

検認を怠ると5万円以下の過料に処せられる場合もありますが遺言としての効力には影響しないとされているのです。
封印のある遺言については家庭裁判所で相続人あるいはその代理人の立ち会いで行う必要があります。
これに反すると5万円以下の過料に処せられることがあるのです。

遺産相続に関する手続きは複雑ですので、遺産相続問題を専門の法律家に相談することをオススメします
遺産が少ない場合は、もめるようなケースも少ないかもしれませんが、
親族間で平等な相続を考えると、第三者に入ってもらい、納得のある遺産相続を行うこともいいかもしれません。

遺産相続用語

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行