相続相談

相続問題(遺言・遺産分割)で弁護士に相談するまえに

相続に関するあらゆる問題を分かり易くまとめています

相続の際に税金としてよく行われていること

法人化していない個人営業者でもできる相続税対策がある!

相続税の適用になるご家庭が増えるにしたがって、あらかじめ被相続人が相続人のために、財産を整理したり、またなるべく土地、建物などの評価を低くする方法を講じる人もいます。自宅で個人営業をしていてそのビジネスを法人化していない場合でも、小規模宅地等の特例を利用することで節税することができます。

特定事業用宅地等に該当する場合

個人事業主でずっと事業を営んできて、その事業を相続人に継承する場合には、特定事業用宅地等で土地や建物の評価額を下げることができます。この特例に該当する場合には被相続人等(生計を一にする親族含む)が貸付等の事業以外で事業をしていた宅地の案件で、1.事業継続案件として、被相続人の事業を申告期限までに引き継ぎ、申告期限までに事業を継続すること2.保有継続要件として、その宅地等を申告期限までに保有することを条件として、400平方メートルまでの面積の評価を80パーセント減額できる制度です。

貸付事業用宅地等に該当する場合

貸付事業用宅地に該当する場合は、被相続人等(生計を一にする親族含む)が貸付事業をしていた場合に当てはまります。事業継続要件としては、被相続人の貸付事業を申告期限までに引き継ぐこと、かつ貸付事業を申告期限まで継続することと、保有継続要件としてその宅地等を申告期限まで保有することなどです。この場合、限度面積は200平方メートルまで、減額割合は50パーセントとなります。

一つの相続の方法として不動産活用を考えることです。余っている土地や自宅の一部を駐車場やアパートにすれば、土地の整備やアパートの建設をし、ローンを組み負債を作っておくことで、実質的に資産から負債を差し引かせ、相続税の課税額を少なくすることもできます。

相続税対策として、事業の法人化を勧められることもあります。しかし法人化が必ずしもメリットばかりとも限りません。例えば事業として赤字だったとしても、法人税は払い続けなければなりませんし、将来的にあまり節税対策として機能しない場合もあります。個人事業のまま保持するのか、相続対策として事業を法人化するのか、メリットデメリットをよく考えて最終的に判断していきましょう。

たとえば相続税対策として事業を法人化した場合には、その土地、建物は特定同族会社事業用宅地等として扱われ、こちらも限度面積400平方メートルまで、減額割合が80パーセントとなります。そして特定居住用宅地等、特定事業用宅地等および特定同族会社事業用宅地等、貸付事業用宅地等は併用適用が可能になりますので、居住用宅地と併設、自宅内に事務所がある場合でも大丈夫です。様々なケースが考えられますので、土地活用の専門家、それから税理士などと一緒にどのように節税していくのかを相談し、最善の方法を見つけていきましょう。

遺産相続用語

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行