相続相談

相続問題(遺言・遺産分割)で弁護士に相談するまえに

相続に関するあらゆる問題を分かり易くまとめています

相続人同士で土地の共有をする時の注意点やメリット

遺産に不動産が含まれている場合、その分割法は複数ありますが、今回はその中でも「共有分割」について触れていきます。

○共有分割って何?
例えば亡くなった家族の遺産に広い土地が含まれていた場合、その土地を相続人で「共有する」という形で遺産を受けることができます。複数の相続人で同じ土地を共有する事によって、土地を売却しなくても済むのが大きなメリットでしょう。
ただし共有は複数の相続人で分割するので、みんなで管理していかなくてはなりません。
しかし意見が食い違うとそのままトラブルへと発展してしまう事もあるでしょう。

○土地の売却も賃貸も共有者全員の同意が必要
遺産である土地を無事共有して各自でもつ事ができても、誰かが土地を売りたい、あるいは貸して不動産収益を得たいと考えることもありますよね。
しかしそんな時でも、相続人全員がこの意見に同意しなければ実行する事ができません。
共有している土地を売る、賃貸するという重大な法律行為には、共有している相続人全員が合意しなければならないのです。

遺産相続用語

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行