相続相談

相続問題(遺言・遺産分割)で弁護士に相談するまえに

相続に関するあらゆる問題を分かり易くまとめています

相続問題が起きないようにするためには

相続トラブルなんてうちは大丈夫と思っていても、いざその場になると家族を疑う、ねたむ、不満をぶつけるなどディープな相続問題に発展していきます。お金がからむと人間どうなるかは予測できないのです。遺産が全くない、あるいはわずかであればそんなおおごとにならないかもしれませんが、それなりの資産があればやはり立派な金銭問題なので、目の色も変わるでしょう。
うちの家庭は穏やかだから大丈夫と思っていても、実際、相続トラブルを起こすほとんどが、遺産5000万以下の一般家庭です。
(参考サイト:http://xn--hckh0k432otmgyp1bvyji50a.com/trouble
一定の遺産があっても、もめる事なく円滑に遺産相続が終わるのが一番です。それではどうすれば面倒な相続問題を回避できるのかお伝えしていきましょう。

○相続トラブルを避けるための心がけ

・他の相続人を疑わない(相続人同士の心がけ)
・不平等な分け方をしない(生前の被相続人の遺言作成)
・遺産には何がどのくらいあるか透明化しておく(被相続人の前準備)

○被相続人は弁護士に相談してから遺言書を作る
相続トラブルにならないようにするためにも、どの相続人にどのくらいの遺産を分けるかというのは、被相続人が遺言書や公正証書で明確にしておくべきです。
しかし遺言書の内容にも気をつかわないと、相続人がみたら「ひどく偏っている」、「この分け方はおかしい」と感じてしまう事もあるでしょう。こうなると相続問題に発展してしまうので、避けるためにも遺言書を作る前に少し立ち止まり、相続問題に強い弁護士などに相談してみるのもおすすめです。

遺産相続用語

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行