相続相談

相続問題(遺言・遺産分割)で弁護士に相談するまえに

相続に関するあらゆる問題を分かり易くまとめています

相続問題で弁護士を頼むとしたらいつが良いか

相続問題で弁護士に頼む場合、理想的なタイミングは、相続が発生した時です。被相続人が亡くなった時から弁護士が関わっていれば、よほど変わった事情でもない限り、トラブルを未然に回避して、誰もが納得出来る形で相続を完結出来るでしょう。
しかし、相続が発生しただけで何の揉め事も起きていなければ、普通は弁護士に頼む必要性を感じないでしょうから、実際には揉め事が起きてから弁護士に頼む場合が大半です。そうだとしても、出来るだけ早く弁護士に関わってもらう事によって、揉め事が深刻になる前、感情的な対立になる前に速やかに対応してもらう事が出来ます。
更には、揉め事が深刻になってから頼むとしても、交渉の専門家である弁護士が居ないよりは居る方が遥かに的確に解決出来る、と期待出来ます。

また、弁護士に関わってもらう場合、費用が心配になるかも知れませんが、弁護士への“相談”と“依頼”は別の物である事、相談したからと言って依頼しなければならない訳ではない事、そして、最近は初回の相談を無料にしている法律事務所(弁護士事務所)も多い事を覚えておけば、そうした心配に囚われずに済むかも知れません。
相続の最初に弁護士の無料相談を受けて、法的な見方・考え方を確認しておくだけでも、その後の他の相続人との話をスムーズに進めるのに役立つに違い有りません。

遺産相続用語

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行