相続相談

相続問題(遺言・遺産分割)で弁護士に相談するまえに

相続に関するあらゆる問題を分かり易くまとめています

相続問題と不動産

【相続問題と不動産トラブルについて】

資産としてよくあるのが「不動産」です。この不動産が実は相続問題になりやすい資産なのです。不動産がらみの相続問題は意外と多いです。

○どうして不動産が相続問題になりやすい?
親の残した不動産がトラブルに発展しやすいのは、遺産として残す財産に不動産しかない時や、主要な遺産が不動産の時が多いです。資産がもしも不動産ではなく「現金」であれば、数字なので割りやすくて分配しやすいですが、不動産は数値にはならず、相続人に分けにくいのです。
複数の相続人で「共有」にすることもできますが、この共有がトラブルのもとになるケースもあります。かといって誰か一人が不動産を相続してしまうと、不動産は高額なので他の相続人の分け前とつり合いがとれなくなることがあります。
当然、本来高額である不動産をもらった相続人の方が有利なのです。

○不動産の相続についてのトラブルを避けるために
遺産が不動産しかない、あるいは遺産のほとんどが不動産の場合、トラブルに発展しやすいことを見越しておき、親は生前から話しあっておく必要があります。亡くなった後、どのように不動産を分け与えるかを明確に決めておくとスムーズです。
例えば3人姉妹に不動産+現金を遺産として残す予定なら、不動産は長女に与え、残りの妹に残りの財産をうまく分け与えるなどしてバランスをとります。
しかし金額によっては工夫しようがなく、あまりにも不公平な分け方しかできない事もあるので、どうしようもない時には思いきって家を売る事も選択肢の一つでしょう。

遺産相続用語

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行