相続相談

相続問題(遺言・遺産分割)で弁護士に相談するまえに

相続に関するあらゆる問題を分かり易くまとめています

相続問題を弁護士に依頼するメリット

弁護士に相続について依頼すると、メリットがたくさんあります。

1つは、弁護士はさまざまな揉め事を解決する専門家であるということです。

お金が関係してくる相続問題は、家族・親族との間に亀裂が生じる可能性があります。

そして一度できてしまった家族・親族との大きな溝を埋めることはそう簡単にいきません。

ぜひ、相続の問題が大きくなる前に弁護士に相談することをおすすめします。

また相続の手続きは非常に複雑です。それに一生のうちにそう何度も相続を経験する訳ではありません。相続は知識不足により自分が損してしまうことだってあります。知らなかったから、という理由で取り返しのつかないことも起こりえます。相続を得意としている弁護士に依頼することで、公平に相続をすすめることができます。複雑な手続きをすべて弁護士に任せることで、相続がとてもスムーズにすすみます。
ただ、弁護士の選び方が大切になってきます
弁護士ならどの弁護士でも同じというわけではありません
相続に関する訴訟まで見通したうえで、相続人間のトラブルを公平に考えることができる弁護士に依頼するのが良いでしょう
親族間で遺恨を残さない解決が大切です
相続専門の弁護士に相談することをお勧めいたします
遺産分割に関する和解、調停、万が一に訴訟になった場合のことも考えて、あなたにとって一番良い方法をアドバイスしてくると思います。まずは、無料相談を受けてみることをお勧めいたします

その他、相続は必ず相続人に誰がいるのかを必ず把握しなければなりません。また、遺産がどのくらいあるか知る必要があります。もし亡くなった人に内緒の借金があったら
・・・また内緒の土地を所持していたら・・・弁護士に依頼すると、相続人に誰がいるのかも調べてもらえたり、借金などのマイナスの遺産や、土地や株などのプラスの遺産もすべて調べてもらえたりもします。それらを調べる為には金融機関や役所に提出する手続き書類が必要になりますが、そういうとことも弁護士に対応してもらえるので、手間もかかりません。

このように、弁護士は相続に必要な手続きは全て代行して対応してもらえますし、そのつど不明な点があったらきっちりと説明もしてもらえ、安心です。ただ弁護士ならだれでもいいという訳ではないので注意してください。必ず遺産相続の経験豊富な弁護士に依頼するようにしましょう。

遺産相続用語

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行