相続相談

相続問題(遺言・遺産分割)で弁護士に相談するまえに

相続に関するあらゆる問題を分かり易くまとめています

相続問題-内縁

被相続人が亡くなった場合、相続人となるのは基本的に戸籍謄本などで確認できる関係性がある人です。
例えば配偶者、子ども、孫、兄弟姉妹、叔父叔母などは戸籍謄本で簡単に確認することができます。
しかし中には実際に結婚していなくても、夫や妻のように生活している人たちも少なくありません。
ではそのような内縁の関係において相続財産を受け継ぐことはできるのでしょうか。

まず内縁と愛人の違いについて知っておく必要があります。
この二つは似ているように思えますが、実際には大きな差があります。
愛人とは、相手が既婚者であることを知ったうえで一緒に生活したり交際したりしている人のことです。
つまりどちらか、もしくは両者が不倫関係である必要があります。
一方で内縁の夫や妻の場合、事実上の婚姻関係にあるものの、何らかの事情で婚姻届けを出していない状態のことを言います。
つまりどちらも独身である可能性があるということです。
愛人関係とは異なり、内縁の関係は婚姻に準ずる関係とされ法律で守られる権利もあります。

しかし残念ながら、内縁の夫や妻には相続権がありません。
相続権の有無は婚姻届けの有無によって決まるため、婚姻届けを提出していなければ相続権はないのです。
ただし唯一認められているのが賃借権の相続です。
厳密には相続ではありませんが、夫が借りていた貸家に住んでいた内縁の妻が、夫が亡くなったのと同時に退去を求められるということはありません。
夫の名義で貸家を借りていて、夫が亡くなってしまったも内縁の妻はそこに住み続ける権利があります。

ではどうすれば内縁の夫や妻が相続財産を得ることができるのでしょうか。
その方法は二つ、遺言書と特別縁故者です。

もし遺言書に内縁関係の夫や妻に財産を譲ることが記されていれば、基本的にその意思が尊重されます。
ただし相続人には遺留分が認められているので、その遺留分を侵害しない範囲で財産を譲るようにする必要があります。

もう一つの方法は特別縁故者になるということです。
もし戸籍などによって確認できる法定相続人が一人もいない場合には、被相続人を介護したり生計を一つにしていた特別縁故者が裁判所によって認められる可能性があります。
特別縁故者の申請が認められるかは裁判所の裁定によりますが、内縁の関係の場合には認められることが多くなります。

婚姻届けを出していなくても相続財産を受け継ぐことができる可能性がありますから、あきらめないようにしましょう。

遺産相続用語

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行