相続相談

相続問題(遺言・遺産分割)で弁護士に相談するまえに

相続に関するあらゆる問題を分かり易くまとめています

相続放棄

相続と聞くと財産を分けるものというイメージが強いのですが、遺産といっても土地や建物、預金などのプラスの財産だけでは有りません。
借金などの負の遺産もあり、相続人たちはその負の遺産も受け継がなくてはならなくなります。
しかし借金などを負担したくないときには相続の放棄という方法によって免れることができます。

相続放棄をすると、その相続人は初めから相続人ではなかったという扱いになります。
例えば被相続人に配偶者と子供が一人いたとします。
配偶者は遺産を相続し子供が相続放棄をした場合、最初から子供がいなかったと扱って相続手続きを行います。
この場合には遺言書がない限り配偶者がすべての遺産を相続することになります。
もし子供と同様配偶者も相続放棄をしたなら、他の順位の法定相続人に相続権が移り、すべての相続人が相続放棄をした場合には残った財産は国庫に入ります。

ではどんな時に相続放棄をしたらよいのでしょうか。
基本的には遺産を相続してもメリットがない時です。
例えば被相続人に財産があるものの、それを大きく上回る負債があるといったケースが該当します。
遺産を相続する際には負債も相続しなければならないので、相続放棄しないと借金を背負うことになります。
こういったケースでは相続を放棄した方が賢明です。
別のケースとしては、他の相続人ともめるのがいやということもあります。
特に相続人との折り合いが悪い時などは遺産があっても、いやな思いをしないために相続を放棄することがあります。

もし負の遺産があるもののいくらかわからないという場合には、プラスの遺産を超えない範囲でマイナスを遺産を受け継ぐ限定承認という方法もあります。

もし相続放棄することに決めたなら、相続人になったことを知ってから3ヶ月以内に手続きを行う必要があります。
通常は配偶者や子供であれば被相続人が亡くなった時に相続人であることがわかります。
しかし遠い親戚がもし相続人になっている場合、相続開始の時ではなく相続人になったことを知ってから3ヶ月と期限が決められているのです。
この期間を過ぎると単純承認したとみなされて相続放棄ができなくなります。

相続放棄は被相続人の住民票がある自治体を管轄する家庭裁判所に申し立てます。
相続放棄申述書や被相続人、相続放棄する相続人両人の戸籍謄本などが必要になるので、前もってどのような必要書類があるのかをチェックして不備の内容にしておきましょう。

遺産相続用語

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行