相続相談

相続問題(遺言・遺産分割)で弁護士に相談するまえに

相続に関するあらゆる問題を分かり易くまとめています

相続準備と弁護士

相続を揉めることなく誰もが納得する形で進める為にはある程度の準備が必要です。
可能であれば生前に財産分与の内容を相談してておくことをお勧めします。
故人も、親族が自分の財産を喜んで受け取ってくれることを願っているはずです。
相続の時点で意見が分かれそうなら、事前に弁護士と相談しておくことも必要です。
そうすることで故人が願う形での相続ができることになるからです。

相続をすることは非常にありがたいことですが、煩わしいこともたくさんあります。
自分一人なら良いのですが、親族がいると財産分与で意見が合わないこともあります。
皆が自分の思いを述べて収集がつかなくなることがよくあるからです。
思い出の品 や価値ある物が欲しいと思うのは人間の普通の心情なのだと思います。
リーダーシップを持って決めることができる人がいれば解決が早いかもしれません。
ですが、それでも不満がでるのが相続というものなのです。

そのような時に自分一人で頑張ろうとすると更に問題が複雑になるケースがあります。
遺言書があったとしても、具体的な内容が書かれていなければ問題は解決できません。
解釈は人によって違い、皆が勝手な判断していれば解決から遠ざかってしまいます。
相続の問題がすぐきまらずに問題化しそうな時は早々に手を打たなければなりません。

誰もが納得する為には、信頼できる人が平等公平なジャッジをするしかありません。
問題を円満に解決する為には法の 専門家である弁護士に相談することをお勧めします。
弁護士が法的な根拠を示して平等な見解を示せば、誰もが納得するはずです。
相続問題に詳しい弁護士に相談すれば、ほかの親族の方も納得し易いのではないでしょうか

相続に関してまず始めにすべきことは、全ての財産を把握することです。
知らない銀行にヘソクリがあることも多く、思わぬ金額が隠れていることもあります。
中には借金などの負の遺産が隠れていることもあります。
役所や金融機関の調査確認などを行う必要があり依頼する必要があります。
弁護しなら可能ですが、資格のない個人で調査するには限界があります。

財産分与に関して言えることは、皆が素直に納得して揉めることがないことです。
意見の食い違いがでそうなら、公平平等で誰もが納得する第三者が必要です。
周りにいないの であれば、弁護士に相談することが問題を解決する唯一の方法です。

遺産相続用語

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行