相続相談

相続問題(遺言・遺産分割)で弁護士に相談するまえに

相続に関するあらゆる問題を分かり易くまとめています

相続破棄

相続破棄とは、遺産調査をした結果、相続する遺産がプラスよりもマイナスの方が多く、相続をしたくない場合、被相続人の全ての財産を放棄することです。
被相続人にプラスとなる財産が少なく、借金が多い場合、相続人が遺産破棄を利用すると有効です。

ただし、被相続人の借金等に関して、相続人が連帯保証人になっていた場合、相続破棄によって相続人の債務の支払い義務まで放棄でるわけではありませんので要注意です。
遺産相続は、プラスになる遺産だけを相続し、マイナスになる遺産だけを破棄するということが出来ません。

そのため、遺産調査で、遺産がマイナスになるのか、プラスになるのか、しっかりチェックして、総合的に判断することが重要になってきます。
また、被相続人の子供である相続人が相続破棄をした場合、孫が法定相続人となり代襲相続をすることは出来ない点も注意が必要です。

そして、遺産破棄の手続きをする時に気を付けないといけないのは、『遺産相続の開始を知った日から3カ月以内』に、手続きをする必要があることです。

相続破棄には、主に下記の書類が必要になります。

・相続放棄申述書
・被相続人の死亡記載がある戸籍(除籍)謄本
・被相続人の住民票除票もしくは戸籍附票
・相続人の戸籍謄本・収入印紙(800円)
・返信用の郵便切手(各家庭裁判所によって金額は異なる)

これらの書類は、相続人が『被相続人の子供』であることを想定した場合に必要になるケースです。
相続人が『孫』や『兄弟姉妹』などになる場合は、更に別の書類が必要になります。

届出に必要な書類がわからない場合は、家庭裁判所にて事前に確認をしておくと安心です。
そして、一度届出した相続破棄は、原則的に撤回が認められません。

遺産調査に漏れがあり、プラスの財産があるとわかり「やっぱりなかったことにして」というのは通用しません。
相続破棄の撤回が認められるケースは、『脅迫による相続破棄』や『詐欺による相続破棄』など、本人の意思に反する形で相続破棄が進められた場合のみです。

遺産相続用語

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行