相続相談

相続問題(遺言・遺産分割)で弁護士に相談するまえに

相続に関するあらゆる問題を分かり易くまとめています

相続財産にも課税される!所得税や相続税のお話

相続問題になりやすいものとして、「相続税」と「所得税」の問題があります。相続についてあまり詳しくない人だと、被相続人から財産をもらっておしまいだと考えてしまかもしれませんが、受け取った財産には相続税という税金がかかるので、一定の税金額を支払わなければいけません。

○被相続人に不動産収入があれば相続人が確定申告する

もしも相続財産に収益不動産があり、被相続人が不動産収入を得ていたなら、被相続人が得ていた収入に対する所得税を、相続人が申告しなければなりません。
所得税の確定申告期限は相続税よりも短く、相続開始を知った日から4カ月です。経過しないようにお気をつけてくださいね。

○相続税って何に対してかかるの?
遺産がたくさんもらえるのは、相続人にとって有難いことですが、その遺産に基づいて税金が課されるという事も覚えておきましょう。相続した遺産に対して税金がかかるので、どのくらいの遺産を受け取ったかを正直に申告する必要があります。もしも申告しない、あるいは虚偽の申告をした場合には「脱税」にあたってしまいます。
ちなみに申告するにも期限があるので遅れないようにしましょう。相続開始を知った日から10カ月です。

遺産相続用語

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行