相続相談

相続問題(遺言・遺産分割)で弁護士に相談するまえに

相続に関するあらゆる問題を分かり易くまとめています

確実に遺言書を残すために

遺言書の中でも非常に効力が強いのは公正証書遺言です。

自筆証書遺言が自筆で作成して、個人で保管しておくのに対し、公正証書遺言は公証人と協力して作成する遺言書のことを言います。

公証役場において2人以上の証人に立ち会ってもらい遺言者の真意を確実に確認してもらいます。
遺言者が述べた言葉は公証人によって筆記されます。
その後、公証人によって書かれた内容を遺言者と証人に読み上げる、もしくは閲覧して確認してもらいます。
ですから、一番確実な方法ということがお分かりいただけると思います。

作成された公正証書遺言の原本は公証人によって保管されます。
当然、紛失、書き換えといった心配を誰もしなくてもよいわけです。
遺言者は原本と同一の効力を持つ正本が渡されます。
つまり、仮に正本の内容が書き換えられようなことがあっても、原本がありますので確認することができるというわけです。

さて、こうした遺言の形式があるわけですが、遺言書を確実に作成したいと思われる方にはやはり弁護士に相談することをおすすめします。
後ほど後悔しないためにも法律のプロのアドバイスを受けるのは良いことでしょう。

遺産相続用語

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行