相続相談

相続問題(遺言・遺産分割)で弁護士に相談するまえに

相続に関するあらゆる問題を分かり易くまとめています

自分一人で決められない重要なこと

遺産相続は人生の中でもとても大きな仕事の一つと言えるでしょう。

複数の兄弟がいるのであれば、きちんと話し合って決めなければいけません。
自分一人ですべてを決めることはできませんし、かといってほかの兄弟にすべてを任せてしまうわけにはいかないからです。

遺産相続を兄弟でするうえでどんなことを注意する必要があるでしょうか。
まずは自分の家族の構成、そして相続する遺産の内容をきちんと知っておく必要があります。
兄弟がたくさんいる家庭もあれば二人だけの兄弟の家庭もあります。
どちらかが親と同居しており、介護しているかもしれません。
あるいは子どもたちは誰も親と同居していないケースもあります。

親の資産も預金、有価証券などの分割しやすいものもあれば、土地や建物といった分割しづらいものもあります。
こうした点をきちんと正確に把握することがまず大切です。
意外と子どもが知らない親所有の資産があとから出てくることがあるからです。
そこで、まずはその準備の一環として弁護士に相談することから始めてみてください。
無料相談から行なってくれる弁護士がいますので、活用してみてください。

遺産相続用語

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行