相続相談

相続問題(遺言・遺産分割)で弁護士に相談するまえに

相続に関するあらゆる問題を分かり易くまとめています

自筆証書遺言とは

・自筆証書遺言について
自筆証書遺言はその名前の通り自分で書いて作成する遺言のことを指しています。遺言書を作成するときには、遺言書を作成した後に第三者の承認が必要だと考えている人が多いかもしれませんが、自筆証書遺言であれば、紙、ペン、印鑑があればだれでも作成することが出来るのです。つまり、自分で作成するので遺言を作るため費用も掛からないのです。

通常の証人がいるような遺言を作成すると、第三者に目に遺言の内容がさらされることになります。第三者も秘密厳守だとはわかっているものの、内容が外部に漏れてしまうリスクも多少は考えられます。また、遺言書を作成したという事実は完全にほかの人に知られることとなってしまいます。

しかし、自筆証書遺言は自分ひとりで作成可能なので外部への漏れを完全に防ぐことが出来ます。自分ひとりしか遺言作成の事実を知らなければ、作成者本人が亡くなった後にしか遺言の存在が明るみに出ないのです。遺言書作成の事実も知られたくないのであれば、自筆証書遺言がいいでしょう。

・気を付けるべき点
自筆証書遺言は、自分ひとりで作成する遺言になりますが、法律で定められた遺言書の要件が満たされていない場合、遺言書として認められないものになってしまいます。遺言書として不十分であれば無効となってしまうのです。

無効にさせないためにもやっておくべきことがあります。自筆証書遺言は家庭裁判所で検認を受ける必要があるのです。

・自費証書遺言の作成方法
きちんと遺言書と認められるためには全文を自署しなければなりません。ペンで書いても鉛筆で書いてもかまいませんが、万が一第三者に知られて見られてしまった場合、買いなおされて内容を改ざんされてしまうかのせいもゼロではないので、書き直すことが出来ないボールペンの方がいいでしょう。自筆が条件なのでワープロなどを使ったり代筆で書いてもらうと無効になってしまうのです。

また、日付を必ず記入することも必要です。遺言書を書いた日付をかならず記入しましょう。

遺産相続用語

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行