相続相談

相続問題(遺言・遺産分割)で弁護士に相談するまえに

相続に関するあらゆる問題を分かり易くまとめています

自筆証書遺言について

遺産相続のトラブルを避けるための準備の一つに遺言書の作成があります。
遺言書の作成なんて、、とほとんどの方が思われることでしょう。
しかし、遺言書作成は将来子ども同士がいつまでも仲良く生きていくために親ができる大切なことの一つでもあります。
また、知識として知っておくに越したことはありません。

遺言書には普通方式の遺言書と特別方式の遺言書の2パターンあります。
一般的には普通方式の遺言書を作成することがほとんどです。
しかし、この普通方式の遺言書も3通りの書き方があります。

自筆証書遺言
公正証書遺言
秘密証書遺言

この3通りの書き方があります。
最初の自筆証書遺言とは自分で全文を書く遺言書のことです。
知らない方もおられると思いますが、これは自筆で書く必要があり、パソコンで記入した場合には無効となります。
有効かつ将来にトラブルを残さない書き方をするためにはどうしたらよいか、弁護士は具体的なアドバイスをしてくれます。

遺言書の作成を考慮されている方、まずは弁護士事務所の無料相談から始めてみてください。

遺産相続用語

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行