相続相談

相続問題(遺言・遺産分割)で弁護士に相談するまえに

相続に関するあらゆる問題を分かり易くまとめています

連れ子は相続対象になるの?

配偶者が再婚だった場合、連れ子がいる時があります。
連れ子だとしても自分の子供だとして育てるようになるのですが、ただ気になるのが連れ子は相続対象になってくれるのかどうかです。
ではどうなるのかですが、実はそのままだと相続対象外となります。

実は、いくら自分の子供のように育てていたとしても、戸籍上自分の子供ではないと相続の対象になりません。
連れ子ありの人と結婚をして何も申請しないまま生活を続けていくと、配偶者にとって子供なのは間違いないけれども、遺産を残す人にとって子供ではありません。
戸籍がどうなっているのかが相続では非常に重要となりますので、戸籍でも子供にしなければいけません。

戸籍で子供にする場合、養子縁組する必要があります。
養子縁組すると本来なら子供ではないけれども、戸籍では事実上の親とできるようになるので、普通の子どもと一緒で対象となります。
また、養子縁組していなくても遺言を残すことで対象にできます。
ただ、遺言よりも本当の子どもとして対象とし残すのが理想的ですので、再婚したら出来る限り養子縁組するのがオススメです。

遺産相続用語

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行