相続相談

相続問題(遺言・遺産分割)で弁護士に相談するまえに

相続に関するあらゆる問題を分かり易くまとめています

遺産相続の争いと弁護士の役割り

遺産相続に関する問題は、どのようにして起こるのでしょうか。
たとえば、親がマイホーム以外にもある程度の預貯金を残している、といったケースであれば、分かりやすく分割できるかもしれません。
でも、預貯金はほとんど残っておらず遺産として残したのはマイホーム、つまり不動産以外にほとんどない、といったケースでは問題が起こりえます。

しかも子どものうちの誰かが親と同居していた場合などは、相続問題に発展する確率が高くなるものです。
そこでなるべく早い段階で弁護士に依頼するのは賢明と言えるでしょう。感情的になっている当事者同士は問題を冷静に判断して決定することは難しいからです。

弁護士は中立の立場で法律に基づいた適切なアドバイスを与えることができる存在です。場合によっては弁護士が登場するだけで、感情的になっていた人が静かになることさえあるのです。
法律事務所の中には、とくに相続問題に関する経験が豊富な事務所も存在しますので、まずはインターネットなどでそうした法律事務所を探してみるのも良い方法でしょう。

遺産相続用語

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行