相続相談

相続問題(遺言・遺産分割)で弁護士に相談するまえに

相続に関するあらゆる問題を分かり易くまとめています

遺産相続の分配方法とは

遺産相続する際に必要としてくるのが分配です。
相続の分配方法はいくつかあり、それによって自分にどのくらい相続されてくるのかが違ってきてしまいます。

まず有名となるのが遺言に従って分配する方法です。
法律で通用する適切な遺言が残っているのなら、遺言通りに分配されるようになります。
遺言は相続で家族が揉めてしまうのを避けるための方法になるのですが、ただ、内容が明らかにおかしかったり強引な内容になると揉め事を作ってしまいますので残す場合は注意が必要です。

遺言以外で協議分配です。
法律で誰がどのくらい相続するのかを決められえいるけれども、それに従わなければいけないわけではありません。
相続人の間で協議をして全ての人が納得するのならどのような分配内容になったとしても問題ありません。
また、遺言があったとしても相続人全てが納得できるような内容で協議することも可能で、その場合は必ず遺言に従う必要がありません。

もう一つは、調停や裁判による分配です。
相続は揉めてしまい協議では解決しない場合が多いです。
その場合、第三者を含めて話し合いをする調停や、法律によって決めてもらう裁判があります。
揉める可能性があるのなら、調停や裁判をどうすると出来るのかなどを詳しく調べておくことがオススメです。

分配方法を知っておけばそれだけでも早期解決させられる可能性が高まりますので、ぜひ覚えておくようにしましょう。

遺産相続用語

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行