相続相談

相続問題(遺言・遺産分割)で弁護士に相談するまえに

相続に関するあらゆる問題を分かり易くまとめています

遺産相続問題を専門家に依頼する理由

相続に関する問題を正しくスムーズに解決するには弁護士、法律事務所に相談することが最も良い方法と言えます。
なぜでしょうか。まず、ほとんどの人は自分の親にどれほどの相続財産があるかを正確に把握していません。

もちろん、中にはきちんと把握している人もいると思いますが、親が子どもたちに知らせることなく所有していた遺産の存在が後になって分かったりする、というケースは多々あります。
また、中には遺産を管理している人が、正しい情報を相続人に知らせなかったために、本来相続できるはずの財産を相続できずに終わってしまう、というケースも存在します。
そのような問題が後々の兄弟同士の、親族同士の大変な争いへと発展していくのです。

そこで最初に述べた弁護士の存在です。弁護士は法的な根拠に基づいて、遺産のすべてを明らかにすることができます。
ですから、後になって財産が発覚して問題になることをあらかじめ避けることができます。また、遺産の全容が分かっていれば、自分が法的に相続できる分をきちんと要求することもできるのです。

遺産相続用語

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行