相続相談

相続問題(遺言・遺産分割)で弁護士に相談するまえに

相続に関するあらゆる問題を分かり易くまとめています

遺産相続-土地の分割方法

【遺産に土地が含まれていた!便利な4つの分割法】

もしも遺産の内容が現金だけであればいいのですが、遺産の中には不動産(土地)が含まれていて相続人同士で分割しにくい事があります。現金であれば平等にわけやすいですが、建物や土地が遺産の大半を占めている、あるいは遺産は土地しかないという場合もよくあります。現金のみの遺産よりも相続問題になりやすく、トラブルになる事もあるでしょう。
不動産は分けにくいからですね。

○土地が遺産に入っている時の分割法
土地が遺産に含まれていても何とかしなければなりません。そのための方法として、下記の4つの方法が存在しています。
・共有分割
・代償分割
・現物分割
・換価分割

ちなみにこの4つの遺産の中で最もシンプルな分割法が「現物分割」です。それぞれの遺産をそのままの形で分け与える方法で、例えば頂上には土地を、夫には不動産をといったように、個々の遺産を丸ごと一人一人に与えます。遺産によって価値の大きさが異なるのでつり合いが難しいですが、分割法として一番単純でわかりやすいでしょう。

遺産相続用語

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行