相続相談

相続問題(遺言・遺産分割)で弁護士に相談するまえに

相続に関するあらゆる問題を分かり易くまとめています

遺言は公正証書と自筆証書、どちらがベター?

被相続人の遺言書がなかなか見つからないと相続問題のもとになりかねないため、被相続人は残された相続人のために遺言書を残しておくのがベストです。しかし被相続人の頭を悩ませるのは、自筆証書がいいのか、お金はかかっても公正証書がいいのか…という事ではないでしょうか。

○公正証書の方がおすすめな理由
被相続人の便宜を考慮すると、自筆証書よりも公正証書がおすすめです。
自筆証書だと民法で定められた記載以外は無効となってしまいますし、他人の手で偽造されるリスクもあります。正しい自筆証書の書き方にならって書くのも若干面倒に感じてしまうのではないでしょうか。

さらに、自筆証書遺言の厄介なところと言えば隠し場所でしょう。生前に準備良く自筆証書を残しておくのはいいですが、生前に相続人に発見されるのは避けたいですよね。といっても、あまりにも発見されにくいところに保管していると、せっかくの遺書が死後誰にも発見されず、無駄に終わってしまう事もあり得ます。

その点公正証書であれば公正役場に預けるので所在がはっきりしやすいですし、誰かの手によって書きかえられる恐れもありません。生前に閲覧されてしまう心配もないでしょう。
書き方についてもプロに任せることがきるので本人は楽です。

○まとめ
自筆証書遺言と公正証書を比較してみると、遺言を残すなら公正証書という形で残しておくのが被相続人にとってベストでしょう。

遺産相続用語

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行