相続相談

相続問題(遺言・遺産分割)で弁護士に相談するまえに

相続に関するあらゆる問題を分かり易くまとめています

遺言執行者とは

今では将来自分が死んだときのために前もって遺言を書く人も増えてきました。
自分の家族や親族が遺産の相続などでもめることがないように遺言を書いておくと確かにトラブルは少なくなるかもしれません。
しかし遺言書を書いたなら、今度はそれが本当にその通り実行されるのかどうかが気になるところです。
せっかく遺言書を書いても自分の希望通りにならなければ意味がありません。そんな時のために必要になってくるのが遺言執行者です。

遺言執行者とは、簡単に言えば「遺言の内容が正確に実行されるために必要な手続きを行う人」のことです。
成人した人であれば親族でなくても遺言執行者として指名することができます。ですから弁護士や司法書士などの資格所有者や銀行などの会社を指名することも可能です。

さらに遺言執行者が指名されていなくても、利害関係者の請求によって家庭裁判所が選ぶということもあり得ます。
遺言執行者の仕事には実に様々なものがあり、その一つ一つが遺言を正確に実行するのにとても重要なものです。
例えば故人の遺産目録を作ること、不動産や預貯金などの名義変更を行うこと、個人に隠し子がいて認知することになっていればその届け出を出すことなどです。

遺言執行者を選んでおくことにはいくつかのメリットがあります。まず手続きを遺言執行者が単独で行えるという点です。
通常遺言における不動産の名義変更などは相続人や利害関係者の署名押印・印鑑証明が必要になります。

しかし遺言執行者がいる場合には相続人代表として手続きを進めることができるので、スムーズに遺産を相続させることができます。
さらに弁護士などが遺言執行者になっている場合には第三者として事務的に手続きを行ってくれるので、親族間でわだかまりが残ったり関係がぎくしゃくしたりすることもありません。

もし預貯金や不動産などの資産がたくさんあって遺言を書こうと考えているのであれば、遺言執行者を選定しておくのは賢い方法かもしれません。

遺産相続用語

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行