相続相談

相続問題(遺言・遺産分割)で弁護士に相談するまえに

相続に関するあらゆる問題を分かり易くまとめています

遺言書が無効になることもある!?

我が家では決して起こらないと思っていて起こるのが相続トラブルです。
むしろ、そんなトラブルは起こらないと思っている家庭は、何の準備もしていないケースがほとんどですのでトラブルになる確率が高くなります。

とはいえ、生前に相続の準備をするといっても何から始めたらよいのか分からない、という方がほとんどでしょう。
相続の準備の一つに遺言書の準備があります。
遺言書は遺産相続において非常に大きな効力を持っています。
とはいえ、逆にこの遺言書がトラブルに発展するケースがありますので、正確な知識に基づいた準備が必要です。

遺言書を準備するにあたって大切なこと、それは弁護士への依頼です。
なぜなら、遺言書は誤った書き方をすると効力が無効になってしまうことがあるからです。
つまり効力を発するには書き方の決まりがあるということです。
弁護士は当然、こうした専門知識に基づいてアドバイスをすることができます。
大阪には無料の電話相談から行なっている事務所が幾つもあります。
まずは電話相談から始めてみませんか。

遺産相続用語

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行