相続相談

相続問題(遺言・遺産分割)で弁護士に相談するまえに

相続に関するあらゆる問題を分かり易くまとめています

遺言書の必要性~どうしても必要なのか

遺産相続と言えば、キーワードになってくるのが「遺言書」です。
遺言書が残されているのと全くないのとでは、残された相続人たちの状況も変わってきます。多くの場合遺言書がないと不便になることが多いので、相続人たちのためにもやはり遺言書は生前の残しておいた方がいいのです。

○どうして遺言書は必要なのか?
どうして遺言書を書かないといけないのだろう?と素朴な疑問を抱いたことはありませんか?遺言書は相続問題と当たり前のようにセットでついてきます。それは遺言書によって、法定相続人たちが遺産を巡って争うのを避けるためです。遺言書がない場合は相続問題が起きやすいのです。お金のこととなると人間はずっと「いい人」を演じているわけにはいきません。やはり生きるのにはお金(あるいは土地などの財産)があればある程安心だからです。となると、遺言書のない遺産の奪い合いで相続人同士が争うのは容易に想像できますよね。これを避けるためにも、被相続人は気をきかせて遺言書を残しておくべきなのです。自筆が面倒であれば、公証人に作成してもらう公正証書でも遺言書としての効果があります。

○被相続人は生前に遺言書を残しておくべき
遺産をもともと所有していたのは被相続人なのですから、他の誰に決められることなく、
自ら配分を生前に選んでおくのがベストなのです。

遺産相続用語

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行