相続相談

相続問題(遺言・遺産分割)で弁護士に相談するまえに

相続に関するあらゆる問題を分かり易くまとめています

遺言書の書き方などは誰に相談するの?

遺言書はどのように書いたらよいのでしょう?もしかしたらこんな疑問を持たれたことがあるかもしれません。
あるいは自分の親は後々のトラブルを避けるためにきちんと遺言書を書いてくれているのだろうか、そんなことをふと思ったことがある方もおられると思います。

親のほうから言ってくれればよいものの、なかなか子どもからは切り出しづらい話題ですよね。
また、親の中には私はあなたたちを信じているから、遺言書なんて書かないよ、といったスタンスの方もおられます。

実際には、子どものことを思うなら、本来遺言書を書いてもらうほうが良いのが事実です。
では、どうしたらよいのでしょうか?
弁護士はこうした気軽な相談から遺産相続の相談として相談に乗ってくれます。ただ、気軽な相談といってもかなりのお金を取られるのではないか?

そんな心配をされているでしょうか。多くの弁護士事務所では無料相談から始めてくれます。
ですから、まずは率直に相談することから始めてみてはいかがでしょうか。

遺産相続用語

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行