相続相談

相続問題(遺言・遺産分割)で弁護士に相談するまえに

相続に関するあらゆる問題を分かり易くまとめています

離婚すると相続はどうなるの?

相続で揉める一つの原因となるのが、離婚した場合です。
離婚しなければ問題なく配偶者としてそして子供として相続対象となるけれども、離婚した場合問題なく遺産相続できるわけではなくなってきます。
そこで知っておいて欲しいのが、離婚すると相続はどうなるのかです。

まず一番多く分配される配偶者に関してですが、離婚すると配偶者ではなくなり他人になります。
戸籍でも親族関係がある状態から他人になりますので、遺産を相続する権利は一切なくなります。
元妻だとして主張したとしても法律でも対象外としていますので、元配偶者は自分には分与はないと理解しておく必要があります。

子供はどうなるのかというと、元配偶者が引き取っていたとしても権利はあり、再婚していてもいなくても関係ありません。
離婚は配偶者にとって戸籍では大きな変化があるけれども、子供にとって大きな変化はありません。
いくらその元配偶者の戸籍に子供を移したとしても、遺産相続する人にとって子供はいないとなりませんので、分配対象となります。

もしどうしてもその子供に財産分与したくなければ、生前分与して与えないようにするか、もしくは遺言を残す必要があります。
相続の分与は法律で決められている方法よりも遺言を優先しますので、遺言で与えないとするなら認められ分与対象から外すことも可能です。
正しい遺言を残しておかないと法律で通用しなくなりますので、正しい遺言を残すようにしましょう。

ただし、このへんのことは、最低限もらいる遺産(遺留分)のこともかかわってきますので、
遺産相続の問題を専門に取り扱っている弁護士に相談したうえで、遺言を作成することが大切です

相続問題を専門に取り扱っている弁護士なら、初回は無料相談を行っていることが多いので、
まずは弁護士に相談してみることをオススメします
遺産相続の問題は思うより複雑なケースが多いように思います

遺産相続用語

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行