相続相談

相続問題(遺言・遺産分割)で弁護士に相談するまえに

相続に関するあらゆる問題を分かり易くまとめています

60代からの準備

60代に入ると、人は残された人生の中で何をしようかと考えるものです。
60代に入ってすべきことの一つに資産を子どもに引き継ぐ準備があります。

そんな引き継ぐなんてほどの大それた資産はない、と多くの方は考えることでしょう。
しかし、多くても少なくても資産は資産です。
子どもに引き継ぐには良い準備が必要なのです。

こうした良い準備がなかったがために親の死後に相続をめぐって争いになるケースが非常に増えています。
ですから、これくらいの資産でと思わずに相続のための準備するようにしてください。

親がまずできることの一つは自分の資産をきちんと把握しておくことです。
可能であればそれを子どもが見てもすぐにわかるように記録しておくとよいでしょう。
こうした準備の際には専門家による助けが非常に役立ちます。

とりわけ弁護士は多くの相続トラブルなどのケースを取り扱っていますので、逆にスムーズに相続を行なうためにどんな準備をしたら良いかについても相談に乗ってくれます。
まずは無料相談から気軽にしてみることをお勧めします。

遺産相続用語

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま行

や行

ら行

わ行