被相続人の債務はどのように相続されますか。

相続人は、相続開始の時から、被相続人の一身に専属したものを除き、被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継します(民法896条)。

   ここで、注意して頂きたいのが、相続するのは、被相続人の財産に属した一切の権利義務ということです。

   つまり、相続人は、権利だけでなく、義務も相続することになりますが、義務で代表的なものは借金(お金を返さなければならない義務)でしょう。

   相続が発生すると、被相続人は、相続人の負っていた借金も相続し、返済しなければなりません。

   相続人が複数いる場合は、遺産分割手続を経ることなく、相続によって当然に、各共同相続人に法定相続分に相当する部分の借金が承継されます。

   よって、例えば、1000万円の借金をしていた亡き夫の相続で、妻及び子供2人が法定相続人の場合には、遺産分割の手続をしなくても、妻は法定相続分(2分の1)に相当する500万円、子供1人は法定相続分(4分の1)に相当する250万円の借金を相続し、支払わなければならなくなります。


⇒相続・遺言・遺産分割の悩み【実績多数】大阪で弁護士が無料相談|当事務所の特徴はこちら

アクセス
京阪・地下鉄北浜駅⑤番出口から徒歩5分
地下鉄堺筋本町駅⑫番出口から徒歩7分

弁護士による無料相談(初回1時間無料)

無料相談のご予約電話

相続無料相談24時間メール受付中

営業時間:10:00~18:00
土日祝日も対応しております(要ご予約)
フリーダイヤル:0120-823-547
住所:〒541-0046 大阪市中央区平野町1丁目8番13号 平野町八千代ビル8階