遺言執行者はどのような権利を有しているのでしょうか。

遺言執行者は、相続財産の管理その他遺言の執行に必要な一切の行為をする権利義務を有すると定められます(民法1012条Ⅰ)。

   そして、相続人は、遺言執行者がある場合には、相続財産の処分その他遺言の執行を妨げるべき行為をすることができないと規定されています(民法1013条)。
   この規定は、遺言執行者がいる場合に、相続人に対して相続財産の処分権限を制限した規定となります。

   遺言執行者には、委任に関する民法644条~647条・650条が準用されます(民法1012条Ⅱ)。この委任の規定の準用により、遺言執行者には、①費用償還請求権と②報酬請求権が認められます。

① 費用償還請求権(民法650条)
   遺言執行者が、遺言の執行のために必要な費用を支出したり、債務を負担した場合には、相続人に対しその費用の償還ないし弁償を求めることができます。
   また、遺言執行者が過失なくして被った損害については、遺言執行者は相続人にその賠償を請求することができます。

② 報酬請求権(民法1018条、648条)
   遺言執行者は、遺言中に報酬の定めがあれば、それに従って報酬を請求することができ、遺言中に報酬の定めがなくても、家庭裁判所は相続財産の状況やその他の事情を考慮して報酬を定めることができます。


⇒相続・遺言・遺産分割の悩み【実績多数】大阪で弁護士が無料相談|当事務所の特徴はこちら

アクセス
京阪・地下鉄北浜駅⑤番出口から徒歩5分
地下鉄堺筋本町駅⑫番出口から徒歩7分

弁護士による無料相談(初回1時間無料)

無料相談のご予約電話

相続無料相談24時間メール受付中

営業時間:10:00~18:00
土日祝日も対応しております(要ご予約)
フリーダイヤル:0120-823-547
住所:〒541-0046 大阪市中央区平野町1丁目8番13号 平野町八千代ビル8階