公正証書遺言の証人には誰でもなれますか。

公正証書遺言では、証人2人以上の立会いが必要とされています(民法969条①)。

   しかし、遺言の内容に利害関係を有していたり、証人としての役割を果たすことに困難がある者は、遺言の証人になるべきではありません。

   そのため、民法は次に掲げる者は、遺言の証人又は立会人となることができないとしています(民法974条)。
① 未成年者
② 推定相続人及び受遺者並びにこれらの配偶者及び直系血族
③ 公証人の配偶者、四親等内の親族、書記及び使用人

   当事務所では、ご相談者の身の回りに証人の候補者がいない場合は、当事務所の弁護士等2名が証人となって対応いたします。


⇒相続・遺言・遺産分割の悩み【実績多数】大阪で弁護士が無料相談|当事務所の特徴はこちら

アクセス
京阪・地下鉄北浜駅⑤番出口から徒歩5分
地下鉄堺筋本町駅⑫番出口から徒歩7分

弁護士による無料相談(初回1時間無料)

無料相談のご予約電話

相続無料相談24時間メール受付中

営業時間:10:00~18:00
土日祝日も対応しております(要ご予約)
フリーダイヤル:0120-823-547
住所:〒541-0046 大阪市中央区平野町1丁目8番13号 平野町八千代ビル8階